営業秘密管理システムソリューション

サービス内容

中国、韓国、台湾等の東アジア諸国の経済発展と、日本企業におけるリストラの進展による労働力の流動性の高まりが、営業秘密の侵害事例*を増大させています。
海外へ進出している企業はもちろん、海外への進出を考えていない企業であっても、営業秘密の管理は重要な経営課題となってきています。
例えば、元従業員が東アジアの企業に就職し、そこで前職で得た技術を提供、技術を得た企業はそれを基に製造し、日本へ輸出したり直接日本へ進出してくることもあるかもしれません。この際、元従業員が持つ技術を営業秘密として管理していれば、対抗することができますが、営業秘密として管理されていなければ、大きな損失を被る可能性が高くなってしまいます。

*2012年X月 新日鉄が韓国のポスコを東京地裁に提訴
*2012年X月 ヤマザキマザックの中国人の元社員が技術情報を

営業秘密とは、

  • 1.秘密として管理されている(秘密管理性)、
  • 2.事業にとって有用である(有用性)、
  • 3.公然と知られていない(非公知性)

情報と定義されています。

営業秘密を管理するためには、まずは管理の対象となる営業秘密と人を明確にし、営業秘密は秘密であることが客観的に認識できるように管理し、営業秘密にアクセス権限をもつ者はそれを秘密として管理し、権限のない者はアクセスすることができないような物理的・技術的・人的・組織的管理を行う必要があります。

営業秘密管理システムソリューションは、明確となった営業秘密と人によって秘密管理性を実現する営業秘密管理システムと、営業秘密情報の存在と非改ざんを証明する電子公証サービスをセットでご提供いたします。

アクセスセキュリティ

システムへのアクセスは、専用のログインID、期限付きパスワードでアクセス制限を行います。

アクセスセキュリティ

権限管理セキュリティ

アクセス可能となっても、登録者や権限者以外は、持ち出しはもちろんクライアントへのダウンロードを禁止することもできます。

権限管理セキュリティ

ログ管理セキュリティ

「いつ」「誰が」「どんなファイルを」閲覧したのか、というファイルへのアクセス監査ログを自動で取得します。

ログ管理セキュリティ

利便性

多彩な検索機能で必要情報を照会
メタ情報や本文情報から、目的ファイルの検索や並び替えを行います。

利便性

導入性

安心の導入サポート
ソフトウエアの導入時に発生する様々な問題も、当社技術者による導入サポートにより安心してご導入いただけます。

導入性

完全性

日本電子公証機構による第三者証明
株式会社日本電子公証機構の電子公証サービスのよる原本証明。

完全性

基本機能一覧

分類 機能 内容
登録 登録・保存 電子ファイルの登録・サーバ保存
添付資料 関連文書のグルーピング機能
履歴管理 電子ファイルの差替え履歴の保存・トレース
照会検索 ファイル関連情報一覧照会 ファイル情報/登録情報/公証情報を一覧画面で照会
検索・並び替え・フィルター ファイル情報/登録情報/公証情報一覧画面の検索、並び替え、フィルター
閲覧 電子ファイルの閲覧
全文検索 登録ファイルの内部テキストを検索
階層表示 部署/情報種類別階層表示
完全性 電子公証 電子署名・タイムスタンプ・ハッシュ値保管
原本非改ざん・存在証明 日本電子公証機構より、公証証明書発行
セキュリティ 権限管理 期限付き認証管理・利用権限および照会範囲権限の管理
ログ ファイルへのアクセス履歴情報の取得、保存
障害 バックアップ/リカバリー 管理データのバックアップ保存、障害時のリカバリー

オプション機能一覧

分類 機能 内容
セキュリティ 持ち出し禁止 照会ファイルのダウンロード制御・印刷制御

ご利用にあたって

稼働環境

Windows Server2008 SQL Server2008 搭載機種でIE6.0以上が必須 IE6.0

金額

システム基本機能 3,500,000円

電子公証サービス:先使用権立証支援サービスの料金表と同じです

営業秘密管理システムソリューションをお申し込みのお客様は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ戻る