機密情報漏えい対策ソリューション

サービス内容

自社の営業秘密を漏えいから守りたい。
業務の実態にあわせて、営業秘密の改定、閲覧、印刷を制御したい。
営業機密の管理、(作成、保管、閲覧、回収など)にかかわる労力はなるべく削減したい。

使う 保存・検索

Excelイメージの画面で、誰にでも簡単な操作でファイルの登録・検索などが可能です。

  • フィルター機能
  • ソート機能
  • ユーザーごとに画面表示項目の変更が可能

防ぐ 漏えい防止

登録したファイルは暗号化され、権限がなければ復号できない。さらにMicrosoft Officeファイル、PDFなどはユーザー/グループ単位に閲覧、コピー、印刷、編集の権限が設定可能。

  • すべてのファイルを暗号化
  • 暗号化ファイルは手元を離れても制御可能
  • ダウンロード後に閲覧停止が可能
  • 閲覧期間を設定可能

証明する 電子公証

“誰のもの”、”いつから存在”、”改ざんされていない”ことが第三者(株式会社日本電子公証機構)によって証明。ファイルの証拠性が強化される。

  • 営業秘密の存在証明
  • 提案書の存在証明
  • 先使用権の立証
  • 設計図面の存在証明
  • 著作権の立証
  • 工場の稼働記録の存在証明
  • アイデアの存在証明
  • 業務記録の存在証明
  • 実験などのデータの存在証明

使う 保存・検索の利点

アクセスセキュリティ

Merit1 アクセスセキュリティ

ファイル管理システムへのアクセスは専用のログインID、期限付きパスワードでアクセス制限を行います。
権限管理セキュリティ

Merit2 権限管理セキュリティ

アクセス権限によってファイルをダウンロードできても、閲覧権限によって閲覧を制約することができます。
ログ管理セキュリティ

Merit3 ログ管理セキュリティ

「いつ」「誰が」「どんなファイルを」アクセスしたのか、というファイルへのアクセス監査ログを自動で取得します。
利便性

Merit4 利便性

多彩な検索機能で必要情報を照会
メタ情報や本文情報から、目的ファイルの検索や並び替えを行います。
導入性

Merit5 導入性

安心のサポート
ソフトウエアの利用時に発生する様々な問題や、組織・IDに関するテーブルの設定も、当社技術者によるサポートにより安心してご利用いただけます。

防ぐ 漏えい防止の利点

システムへの登録で簡単に暗号化

Merit1 システムへの登録で簡単に暗号化

システムへ登録するだけで、誰でも暗号化でき運用が簡単です。
ファイルの利用権限は登録時に選択するだけ

Merit2 ファイルの利用権限は登録時に選択するだけ

ファイルに付与する閲覧や印刷などの利用権限は、登録時に選択するだけの簡単設定です。
組織変更、人事異動にも柔軟、スピーディーに対応

Merit3 組織変更、人事異動にも柔軟、スピーディーに対応

組織変更や人事異動、入退者時などに、ユーザー管理やファイル権限の変更をスピーディに行えます。
セキュリティーポリシーを一括設定導入してすぐ使える

Merit4 セキュリティーポリシーを一括設定導入してすぐ使える

シングルサインオン、パスワード入力体系や有効期限リトライ回数などのセキュリティポリシーは画面で一括設定できます。

証明する 電子公証の利点

完全性

Merit 日本電子公証機構による第三者証明

株式会社日本電子公証機構の電子公証サービスによる原本証明です。
秘密に管理された情報は、その存在を客観的に証明することが難しくなります。
電子公証サービスを利用すれば簡単に第三者証明を得ることができます。
電子公証サービスとは、その電子情報が、誰のもので、いつから存在し、改ざんされていない事を第三者が証明するサービスです。
電子公証サービスの概要をご確認ください。

基本機能一覧

分類 機能 内容
登録 登録・保存 電子ファイルの登録・暗号化・サーバ保存
添付資料 関連文書のグルーピング機能
履歴管理 電子ファイルの差替え履歴の保存・トレース
照会検索 ファイル関連情報一覧照会 ファイル情報/登録情報/公証情報を一覧画面で照会
検索・並び替え・フィルター ファイル情報/登録情報/公証情報一覧画面の検索、並び替え、フィルター
ダウンロード 電子ファイルのダウンロード
全文検索 登録ファイルの内部テキストを検索
階層表示 部署/情報種類別階層表示
完全性 電子公証 電子署名・タイムスタンプ・ハッシュ値保管
原本非改ざん・存在証明 日本電子公証機構より、公証証明書発行
セキュリティ 権限管理 期限付き認証管理・利用権限および照会範囲権限の管理
ログ ファイル*へのアクセス履歴情報の取得・保存
*持ち出しファイルも含む
情報漏えい防止
(Pirates Buster)
アプリケーションメニューやキー操作の制御/画面コピー防止機能をファイルに実装
障害 バックアップ/リカバリー 管理データのバックアップ保存、障害時のリカバリー

Pirates Buster:ファイルの暗号化及び情報漏えい防止は株式会社ティエスエスリンクのPirates Busterで実現しています。

システム概要

機密情報漏えい対策ソリューション システム概要

ご利用にあたって

稼働環境

Windows Server2008 SQL Server2008 搭載機種でIE6.0以上が必須 IE6.0

金額

ファイル管理システム 3,800,000円(基本機能 除くPirates Buster)
Pirates Buster 800,000円(30クライアント~)
年間保守料 750,000円(Q&A対応。組織・IDに関するテーブルの設定サポート)

機密情報漏えい対策ソリューションをお申し込みのお客様は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

関連項目

関連リンク

このページの先頭へ戻る