• TOP
  • サービスのご案内
  • 電子署名、タイムスタンプ一括付与・一括検証 JN+(ジェイエヌプラス)

JN+(ジェイエヌプラス)

サービス内容

本ソフトウェアは電子文書に電子署名とタイムスタンプを付与すること及び電子署名とタイムスタンプの検証を行うことができる、e-文書法対応のソフトウェアです。


特長

ファイル群、フォルダ指定による電子署名タイムスタンプの一括付与、電子署名タイムスタンプの一括検証ができます。

電子署名のファイル形式が3通りの中から選べます。
  ・p7s形式 : 電子署名ファイルに署名値のみを格納
  ・cms形式 : 電子署名ファイルに署名値と文書データを格納
  ・cmt形式 : 電子署名ファイルに署名値と文書データおよびタイムスタンプ
 トークンを格納 p7s形式、cms形式でタイムスタンプを付与した場合は、拡張子.tstのタイムスタンプトークン
 が格納されたファイルが作成されます。

タイムスタンプの付与単位をファイル単位フォルダ単位で指定できます。
 (但し、cmt形式の場合には、フォルダ単位の指定はできません。)

電子署名、タイムスタンプの追加付与が可能です。(多重署名、多重タイムスタンプ)
  ・cms形式 : 多重電子署名が可能です。
  ・cmt形式 : 多重(電子署名+タイムスタンプ)が可能です。

Windows環境で簡単に電子署名、タイムスタンプが付与できます。

電子証明書iPROVEビジネスユース証明書でご利用いただけます。

JN+バッチ連動オプション

JN+バッチ連動オプションは、JN+の主な機能をユーザーが操作することなく自動的に実行することを
可能にします。実行に必要な情報(電子署名対象データ、電子署名者証明書、TSA局の情報等)は、
パラメータファイルに事前に定義します。
実行結果の詳細につきましては、従来通りJN+にて確認することが出来ます。

 JN+バッチ連動オプションは以下の3つの機能から成っています。
  ・「電子署名・タイムスタンプ付与
  ・「検証情報出力
  ・「電子署名・タイムスタンプ検証

*自動的に処理が可能ですので、ジョブスケジューラに登録して定時処理が可能になります。

ご利用にあたって

稼働環境

JN+の稼動環境は以下の通りです。

OS(オペレーティングシステム)

  Microsoft WindowsXP SP3
  Microsoft WindowsVista

  Microsoft Windows7

その他

  Microsoft .NET Framework 2.0 がインストールされていること


注:Microsoft .NET Framewarkは出荷時期によってOSに同梱されています。
Microsoft .NET Framewarkのインストールは次の方法で確認できます。Windows画面の左下のスタートボタンから、コントロールパネルをクリックし、コントロールパネル内の「プログラムの追加と削除」アイコンをクリックして下さい。現在インストールされているプログラムと更新プログラム一覧が表示されます。この中に、Microsoft .NET Framewark 2.0が表示されていれば、既にインストール済みです。

インストールされている場合は、このように表意されます。


金額

販売価格 ベーシック年間保守料金
(必須)
ベーシック年間保守料金
込み合計金額
JN+本体 ¥420,000(¥453,600) ¥63,000(¥68,040) ¥483,000(¥521,640)
JN+バッチ連動機能 ¥140,000(¥151,200) ¥21,000(¥22,680) ¥161,000(¥173,880)
JN+フルセット ¥560,000(¥604,800) ¥84,000(¥90,720) ¥644,000(¥695,520)
(1)ベーシックサービスは、初年度より必要です。ベーシックサービスは、以下のサービスを提供します。
 ①メンテナンスID取得後より7日以内の導入、環境設定に関する問い合わせに対する電話、電子メールによるサポート
 ②契約期間内に出荷された本プログラムの最終版の無償提供
 ③契約期間内に出荷された最新版に関する最新マニュアルの無償提供
 ④災害や契約者の過失等により本ソフトウェアが毀損した場合、その時点で弊社が提供している標準の本ソフトウェアの再提供
(2)サポートサービス(オプション)は、ベーシックサービス御契約者に対して、問い合わせ窓口を提供します。初年度よりご利用者 の選択によるオプション料金です。
サポートサービスの料金は弊社までお問い合わせください。
 ①導入、環境設定に関する問い合わせに対する電話、電子メールによる継続的サポート
(3)署名に際しては、iPROVEの証明書またはビジネスユース証明書(共に弊社別売商品)が必要です。
 (注)他の電子証明書の使用が必要な場合は別途ご相談下さい。
(4)タイムスタンプに関しましては、PFU様とのタイムスタンプ取得契約が必要です。
(5)本ソフトウェアには、検証機能が含まれております。検証機能のみを切り離したソフトウェアの提供は行っておりません。
(6)メンテナンスサービスに関しては、ベーシックサービス、サポートサービスともにJN+使用許諾及び保守メンテナンス契約書に従って提供します。

(注)価格は、予告なく変更されることがあります。


金額

(1)JN+お申込書の準備
 「JN+」申込書をダウンロードしてください。
   「JN+」申込書(word版)     「JN+」申込書(PDF版)

(2)JN+お申込書の記入
 JN+お申込書に必要事項を記入します。

(3)JN+お申込書の送付
 ご記入いただいたJN+お申込書を弊社まで送付願います。この時、Word版の申込書に直接ご記入いただき電子メールに添付してお送りいただいても、PDF版を印刷してご記入いただき郵送またはFAXでご送付いただいても構いません。

(4)JN+お申込書の受領と確認  ご送付いただきました申込書を弊社側で受領後、内容を確認させていただきます。申込書の内容を確認時、お申込をお請けできない場合には、電子メールにてご連絡申し上げます。

(5)メンテナンスIDの発行
 弊社側におきまして、本ソフトウェアの契約書を作成致します。同時にメンテナンスIDを発行いたします。

(6)契約関係書類の送付(二部)
 メンテナンスIDを契約書に記載するとともに、ソフトウェア契約書を貴社宛に郵送にてお送りいたします。

(7)契約関係書類の受領と署名・捺印
 受領したソフトウェア契約書の内容をご確認いただきご署名・ご捺印をお願いいたします。

(8)契約関係書類の返送(一部)
 ご署名・ご捺印をされたソフトウェア契約書の一部を郵送にてご返送ください。
    〒130-0013
     東京都墨田区錦糸2-14-6
     株式会社日本電子公証機構
     ソフトウェア担当係 まで

(9)契約関係書類の受領と確認
 弊社では、貴社より返送されたソフトウェア契約書を確認し保管致します。

(10)請求書の送付
 ソフトウェア契約書の受領後、請求書を郵送にてお送りさせていただきます。

(11)請求書の受領
 請求書の確認をお願いいたします。

(12)入金処理
 請求書に従って入金をお願いいたします。

(13)入金確認
 弊社にてご入金の確認をさせていただきます。

(14)ソフトウェア一式送付
 入金確認後、弊社よりJN+のソフトウェア一式を電子メールに添付して送付いたします。

(15)ソフトウェア一式受領とインストール
 電子メールの添付ファイルより取得したソフトウェア一式を手順に従ってインストールしてください。


JN+(ジェイエヌプラス)に関するご質問等は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ戻る