• TOP
  • コラム

コラム

コラム概要

第7回 産業財産権によって広範に保護したいときどうしますか?         2014年02月13日

 大寒も過ぎ、年間で最も寒い季節になりました。

 今回は、御社の商品(機構品)を確実に特許発明等の産業財産権によって広範に保護したい場合の対応について考えてみたいと思います。

 結論を言えば、特許出願と意匠出願との重層的保護をお薦め致します。

 意匠権の保護範囲は狭いと言われますが、本当でしょうか? 特許請求の範囲よりも、意匠の類似範囲の方が広い場合が多々あります。

 特許庁のアンケート調査においても、製品企画・開発上、調査時に発見した他社の意匠に対して何らかの対策が必要になったと回答した者が8割に上り、対策が必要となったと回答した者のうち、97%は設計変更により対応しています。

 出展 特許庁 なるほど、日本の素敵な製品 デザイン戦略と知的財産の事例集

 次に実例を紹介致します。

特許第5014280号 特許権者:三菱電機(株)他

 本発明の概要は、吸込具本体11の上面であって、継手管20に連通する吸込室15の連通口19の近傍に、第2の吸込口18を設けたことを特徴とする電気掃除機の吸込具です。

下表は、公開時と特許時のクレーム比較です。

意匠登録第第1355932号 登録日:2009.3.13 意匠権者:三菱電機(株)他

意匠に係る物品:電気掃除機用ブラシ

 上記のように、特許クレームは、第2吸込口に配置した抗アレルゲンフィルタ、回転ブラシの負荷センサ、負荷センサの検出負荷に基づいて第2吸込口の開口量を調整する調整手段が構成要件として追加され、単に第2吸込口を設けたとしても、技術的範囲に属しません。

 一方、意匠出願は吸込具本体の上面に第2の吸込口が形成された形態で登録されましたので、負荷センサ等に関係なく外観が類似していれば権利が及びます。この意味において、本事例の場合には意匠権の方が、実質的に保護範囲が広いのではないかと考えます。

 更に保護期間においては、意匠権の方が7ヶ月半ほど遅くまで存続します。

 この場合、特許出願の権利化を断念、又は、特許権を放棄し、意匠権のみを存続させることにより費用負担を軽減する選択も可能です。

 適用範囲の制限はありますが、産業財産権を広く取りたい場合、特許出願と意匠出願の二本立てで重層的に権利取得することを考えては如何でしょうか?

 次回は、特許出願と意匠出願をしたいが、費用的に出せない場合の対応について考えてみたいと思います。

以上


 

第1回 知財界における2015年問題について (2013年8月5日)

第2回 米国における登録前情報提供制度の活用 (2013年9月2日)

第3回 意匠再考(1)部分意匠制度について (2013年10月1日)

第4回 意匠再考(2)関連意匠制度について (2013年11月6日)

第5回 中小企業の強みを生かそう (2013年12月3日)

第6回 「元気印」のキーワードと中小企業支援策の活用事例 (2014年1月9日)

第8回 意匠登録出願へ出願変更を考慮した特許出願の留意点 (2014年3月4日)

第9回 中国においてグラフィカル・ユーザー・インターフェースの意匠が登録可能!! (2014年4月1日)

第10回 最近の進歩性判断の傾向 (2014年5月8日)

第11回 新しい商標とは?(第1回) (2014年6月3日)

第12回 商標に何を託しますか?(第2回) (2014年7月10日)

第13回 「温故知新」従来技術を活用したイノベーションへの挑戦 (2014年8月7日)

第14回 「中国においてビジネスをする際に知財面において最低限必要なこと」 (2014年9月9日)

第15回 「異議申立制度の復活に乾杯」 (2014年10月7日)

第16回 「意匠制度の国際化」 (2014年11月5日)

第17回 「意匠の国際出願の活用について」 (2014年12月9日)

第18回 「商品・役務のネーミングについて」 (2015年1月8日)

第19回 「職務発明制度について」 (2015年2月5日)

第20回 「秘密情報の保護について」 (2015年3月10日)

第21回 「秘密情報の保護についてⅡ」 (2015年4月8日)

第22回 「自撮り棒」 (2015年5月14日)

第23回 「日本弁理士会による知財キャラバンについて」 (2015年6月9日)

第24回 「プロダクトバイプロセスクレームの最高裁判決について」 (2015年7月14日)

第25回 「Karakuriからイノベーションへ」 (2015年8月17日)

第26回 「今話題の著作権について」 (2015年9月18日)

第27回 「著作権により保護される著作物とは?」 (2015年10月22日)

第28回 「TPPの知的財産分野への影響」 (2015年11月13日)

第29回 「これで良いのか知財教育」 (2015年12月14日)

第30回 「知財教育2」 (2016年1月15日)

第31回 「職務発明制度改正」その1 (2016年2月10日)

第32回 「職務発明制度改正」その2 特許法第35条第4項の解説 (2016年3月11日)

第33回 「職務発明制度改正」その3 「特許法第35条第5項の第6項における指針(案)を踏まえた解説」 (2016年4月19日)

第34回 「職務発明制度改正」その4 特許法第35条第5項の解説 (2016年5月18日)

第35回 「大幅な効率化のための職務発明規定の一例」 (2016年6月24日)

第36回 「御社の営業秘密管理は大丈夫ですか?」 (2016年7月22日)

第37回 「「夏休み」弁理士会活動のPR」 (2016年8月23日)

第38回 「山口大学の知財活動」 (2016年9月26日)

第39回 「取扱説明書の保護を考える」 (2016年10月18日)

本谷 孝夫(ほんや・たかお)

本谷国際特許事務所 所長(弁理士)
℡ 03-6820-8285
『特許等知的財産に関する無料相談を実施中です。
お気軽にご相談ください』
https://honyasama.wordpress.com

略歴 日産自動車㈱で30年近く特許業務に従事
   その後旭精工㈱で知財の責任者として活躍
   (旭精工㈱は、平成22年に特許庁知財功労賞を受賞)
   平成24年11月事務所を開設。

本谷弁理士
  • 電子認証局会議
  • 株式会社日本電子公証機構 認証サービス iPROVE
プライバシーマーク
このページの先頭へ戻る