• TOP
  • コラム

コラム

コラム概要

第18回 「商品・役務のネーミングについて」
                                               2015年01月08日

新年明けましておめでとうございます。
本年も皆様にとって良い年になることを心より祈念しております。

さて、この20年来、正月の私の恒例行事と言えば、ジョギングでの初詣です。朝まだ暗い中を出発し、約2時間の道すがら、神社仏閣を訪れ商売繁盛、家内安全等々祈念します。一昨年に事務所を開設してからは、さらに、故郷の神社と事務所近くの神田明神がこれに加わりました。西日本には「三社参り」という風習(元日または三が日の間に3つの神社を訪れ初詣を行う)があるようですが、私の場合はいわば「四社一寺参り」です。
今年の元日も、例年通り寒風吹きすさぶ中を出発し、川崎市麻生区にある岡上神社から、町田市にある菅原神社、そして、関東八十八ヵ所霊場第64番霊場岩子山千手院までをジョギングで巡った後、車を飛ばして一路、故郷の下総国相馬鎮守延喜式内蛟?神社まで足を延ばしました。それぞれの神社仏閣で商売繁盛、家内安全、そして、読者の皆様並びにお客様のご繁栄を祈念し、気持ちを新たにすることができた次第です。本コラムも新たな気持ちで書いてまいりますので、本年も宜しくお願いいたします。

さて、今回は商品・サービスのネーミングについてお話し致します。
言わずもがなですが、ネーミングはプロモーションの関係では極めて有効です。
まず、私が良いネーミングであると思う例をみてみましょう。
株式会社レナウン様の靴下に「通勤快足」があります、この商品は1981年の発売当初は「フレッシュライン」というネーミングで販売されていました。このときの売上は初年度で3億円だったそうです。ところが「通勤快足」に改名したところ、改名から2年目で45億円に急増したとのことです。当然ですが、下図のように、商標権も取得しています。意外にも図形商標であり、「足」の字の右側の点々が蒸れない、臭わないイメージを湧かせます。

2つ目には、小林製薬株式会社様の「熱さまシート」です。これも商標登録されています。

次にこれらの商標の優れているポイントを見てみましょう。
ネーミングが良いかどうかのポイントは、以下の7つの項目によって評価するのが良いと言われています。
①呼びやすいこと。これは原則7音以下が良いとされています。
②読みやすいこと。
③覚えやすいこと。これは、多くても2・3回程度の接触で覚えられるということです。
④見やすいこと。
⑤聞きやすいこと。これは、紛らわしい発音がなく聞き間違いが無いということです。
⑥連想しやすいこと。これは、商品・サービスの中身が連想できるということです。
⑦商標登録可能であること。模倣を排除するため、商標登録できることがベストです。
下表に示すように、2つのネーミングとも、1~7全てを満たします。

識別力を有する商標とは、①造語商標、②恣意的商標、③暗示的商標であると言われています。以下にそれらの例を下記致します。
①造語(創作)商標 文字通り、従来無く、新たに創り出した商標です。
 SONY(会社名)、ダイハツ(会社名)貯犬箱(貯金箱)、等
②恣意的商標 既に存在する単語を普通名称等に該当しない態様で使用する商標です。
 アップル(コンピュータ)、かもめの玉子・萩の月(何れも菓子)、スカイライン(車)、等
③暗示的商標 商品・役務の普通名称等に近いが普通名称等を暗示的に示す商標です。
 通勤快足(靴下)、熱さまシート(冷湿布)、傘ポン(傘包み)
では、「はちみつレモン」は識別力があるのでしょうか(商標登録可能でしょうか)。
答えは、「×」です。「はちみつ」と「レモン」を結合した創作商標ですが、商品の普通名称等の組み合わせであるため、商標法第3条第1項第3号によって拒絶されてしまいます。

読者の皆様におかれましても、自社の商品名・サービス名を上記評価項目によって見直し、また、今後のネーミングに際しては上記評価項目にあてはめてみては如何でしょうか。

以上


 

第1回 知財界における2015年問題について (2013年8月5日)

第2回 米国における登録前情報提供制度の活用 (2013年9月2日)

第3回 意匠再考(1)部分意匠制度について (2013年10月1日)

第4回 意匠再考(2)関連意匠制度について (2013年11月6日)

第5回 中小企業の強みを生かそう (2013年12月3日)

第6回 「元気印」のキーワードと中小企業支援策の活用事例 (2014年1月9日)

第7回 産業財産権によって広範に保護したいときどうしますか? (2014年2月13日)

第8回 意匠登録出願へ出願変更を考慮した特許出願の留意点 (2014年3月4日)

第9回 中国においてグラフィカル・ユーザー・インターフェースの意匠が登録可能!! (2014年4月1日)

第10回 最近の進歩性判断の傾向 (2014年5月8日)

第11回 新しい商標とは?(第1回) (2014年6月3日)

第12回 商標に何を託しますか?(第2回) (2014年7月10日)

第13回 「温故知新」従来技術を活用したイノベーションへの挑戦 (2014年8月7日)

第14回 「中国においてビジネスをする際に知財面において最低限必要なこと」 (2014年9月9日)

第15回 「異議申立制度の復活に乾杯」 (2014年10月7日)

第16回 「意匠制度の国際化」 (2014年11月5日)

第17回 「意匠の国際出願の活用について」 (2014年12月9日)

第19回 「職務発明制度について」 (2015年2月5日)

第20回 「秘密情報の保護について」 (2015年3月10日)

第21回 「秘密情報の保護についてⅡ」 (2015年4月8日)

第22回 「自撮り棒」 (2015年5月14日)

第23回 「日本弁理士会による知財キャラバンについて」 (2015年6月9日)

第24回 「プロダクトバイプロセスクレームの最高裁判決について」 (2015年7月14日)

第25回 「Karakuriからイノベーションへ」 (2015年8月17日)

第26回 「今話題の著作権について」 (2015年9月18日)

第27回 「著作権により保護される著作物とは?」 (2015年10月22日)

第28回 「TPPの知的財産分野への影響」 (2015年11月13日)

第29回 「これで良いのか知財教育」 (2015年12月14日)

第30回 「知財教育2」 (2016年1月15日)

第31回 「職務発明制度改正」その1 (2016年2月10日)

第32回 「職務発明制度改正」その2 特許法第35条第4項の解説 (2016年3月11日)

第33回 「職務発明制度改正」その3 「特許法第35条第5項の第6項における指針(案)を踏まえた解説」 (2016年4月19日)

第34回 「職務発明制度改正」その4 特許法第35条第5項の解説 (2016年5月18日)

第35回 「大幅な効率化のための職務発明規定の一例」 (2016年6月24日)

第36回 「御社の営業秘密管理は大丈夫ですか?」 (2016年7月22日)

第37回 「「夏休み」弁理士会活動のPR」 (2016年8月23日)

第38回 「山口大学の知財活動」 (2016年9月26日)

第39回 「取扱説明書の保護を考える」 (2016年10月18日)

本谷 孝夫(ほんや・たかお)

本谷国際特許事務所 所長(弁理士)
℡ 03-6820-8285
『特許等知的財産に関する無料相談を実施中です。
お気軽にご相談ください』
https://honyasama.wordpress.com

略歴 日産自動車㈱で30年近く特許業務に従事
   その後旭精工㈱で知財の責任者として活躍
   (旭精工㈱は、平成22年に特許庁知財功労賞を受賞)
   平成24年11月事務所を開設。

本谷弁理士
  • 電子認証局会議
  • 株式会社日本電子公証機構 認証サービス iPROVE
プライバシーマーク
このページの先頭へ戻る